山田税理士事務所

[*]前へ  [#]次へ

当事務所が考える、資金繰り・融資対策の3つのポイント

資金繰りについて
日々ノウハウを蓄積

先にお話ししましたとおり、当事務所では資金繰り銀行融資に関して多数のノウハウを有しております。

そこで当事務所が皆さまにご提供している資金繰り対策のポイントについて、具体的にお話ししてまいりたいと思います。

私は資金繰り対策において、「融資早めに受け、資金を手厚く確保しておくこと」が最も重要だと考えております。というのも手元に一定の資金があれば、事業が不振に陥った際に対策を立てる余裕がありますが、もし資金がなければ、即座に不渡りを出してしまうおそれがあるからです。

しかし近年、相次ぐ企業倒産のあおりを受け、多くの金融機関が融資慎重になっており、金融機関から融資を引き出すのはなかなか難しいのも事実。ただし、そんな中でも下記の3つのポイントを押さえていれば、融資の申し込みは比較的成功しやすいと考えております。

 

融資に前向きな金融機関を見つけ出す
審査に通りやすい決算書を作成する
返済シミュレーションを元に借入額を決める

 

融資に前向きな金融機関を見つけ出す

融資に前向きな金融機関を
見つけ出すことが重要

「うちの会社に融資をしてくれる金融機関なんて、あるんだろうか・・・」そんな風に皆さまもお悩みのことと思います。しかし当事務所では独自の情報網を通じて、融資前向きな金融機関を見つけ出しております。

当事務所は、常日頃から都市銀行・信用金庫・地方銀行・政府系金融機関との関係を築いており、融資担当者との接触も多くあります。そのため、「最近はどの金融機関が融資に前向きか」といった情報が手に入りやすいのです。

こうした情報さえあれば、融資をしてくれる金融機関を見つけ出すことも決して不可能ではありません。


審査に通りやすい決算書を作成する

融資の審査に通りやすい
決算書の作成をアドバイス

2つ目のポイントは、融資の審査に通りやすい決算書を戦略的に作る、というもの。私はこれまで借り入れを行ってきた経験から、決算書の中で銀行が重視している点をおおよそ把握できるようになりました。

また、融資交渉の場に立ち会った際には、会話の中からさりげなく銀行担当者が気にしているポイントを見抜けるケースも少なくありません。

こうした銀行の気にしている部分が把握できれば、そこを意識して財務状況を改善していくことで、審査に通りやすい決算書を戦略的に作成できる、というわけです。

たとえば、貸借対照表の数字について戦略的に改善を図ることで、いったん融資が断られた方であっても、再度の融資申し込み認められるケースも少なくありません。こうしたノウハウはすべて、経営者としての日々の経験から培ったものです。

 

返済シミュレーションを元に借入額を決める

返済シミュレーションをもとに
適正な借入額を判断

融資を受けるに当たって重要なのは、返済シミュレーションに基づいて、適正な金額を借り入れること。と言いますのも、返済計画をしっかり立てないまま融資を申し込み、銀行から計画の甘さを指摘される方が少なくないからです。

当事務所では融資に当たって、必ず返済シミュレーションを行い「借入期間は何年」「月々確実に返済できるのはいくら」といった計画を詳しく立てていただいております。もしその中で、経験上「ここは無理があるのでは」と感じた点があれば、融資の申込みに先立って修正をしていただくのです。

この手順を踏むことで銀行も納得してくれて、融資の申し込みが成功しやすくなると感じております。

 

このように、長年資金繰り対策に取り組んできた経験とその中で培ったノウハウを生かし、御社を全面的にバックアップさせていただきます。

資金繰りについてお悩みの方、融資がうまくいかなくてお困りの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

 

▲このページのトップへ戻る

[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
山田税理士事務所トップページ