山田税理士事務所

メニュー:資金繰りをラクにする...
資金繰りをラクにする方法

銀行はますますスピード決済が進み、新しい企業と取引する場合はまず、決算書(申告書)を出せと言い、2,3日くらいで回答をくれます。

昨今では社長にも会わず、決算書を見ただけで融資金額、金利などの条件が決まってしまいます。

極端に言えば、3月決算であれば3月31日の残高だけ整っているだけでいい。それくらい決算書つくりが大事です。実際には、そこが抜けているお客様が多いようです。

当事務所では、常日頃から、都市銀行、信用金庫、地方銀行、政府系金融機関との関係強化を行い、最新の公的資金情報などを素早く顧問先にお届けしています。さらに、融資以外に、日々の資金繰りを改善するための時価会計の導入、低利融資のご案内などの手法もご提案しています。また、しっかりした返済計画を立てるお手伝いまで行うように心がけています。まずは、ご相談ください。

 

対策フローチャート

  1. 付き合っている金融機関と決算書をチェック
  2. 現在の1ヶ月分の資金繰り表を作成
  3. 問題点をチェック
  4. 会社の格付けを行い点数を出す
  5. 実際に担当者と話し、会社に対する関心度合いをチェック
  6. 対策を検討し、実行する 

 




▲上へ
山田税理士事務所トップページ